新発見! 体の中から体質改善し、臭いの元を絶つ ⇒ 『最後の門番』

脇汗とは

脇汗が出るメカニズムは、脳の命令によるもので、この命令は脊髄を通り、
交感神経を通して、汗腺に届き、汗が出ます。
そして、自律神経には、交感神経と副交感神経がありますが、
この2種類の神経のうち、交感神経が優位な時、汗をかきやすくなります。
ですから、汗の量が多い人は、交感神経の働きが強い人とも、
言えるでしょう。

 

そして、この自律神経は、自分の意思でコントロールできるわけではなく、
体が自動的にコントロールしています。
そのため、スポーツをしている時でもなく、特に暑いわけでもないのに、
脇汗をかくということは、この自律神経が、
誤作動を起こしているということになります。

 

これを修正する方法として、手術で神経を切る方法や、汗腺を取る方法、
また、ボトックス注射をするなどの方法がありますが、
これらの方法は、少なからずリスクを伴うので、
慎重に考えることが大切です。

 

そこで、比較的取り組みやすい方法としては、脇汗を抑えるグッズを、
使用する方法です。
パッドやインナー、シールやシートで汗を吸収するのも、効果的です。
そして、デオドラントスプレーや薬で、汗が出ることを、
抑えるアイテムもあります。
こういったものであれば、自分で買ってきて、気軽に始められます。

 

しかし、これらのグッズでは間に合わないといった場合は、医師に相談したり、
生活習慣の見直しをするなど、根本的な解決法を試みる必要があります。


 

 

体質改善で汗のかかない体質を目指そう!