新発見! 体の中から体質改善し、臭いの元を絶つ ⇒ 『最後の門番』

黄ばみをなくす方法

夏に白い洋服が着たいと思っても、洋服に黄ばみがつく恐れがあると、
明るい色の服が着れないですよね。
この脇汗による黄ばみは、どうしてできるのでしょうか?

 

まず、汗腺には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類があります。
そして、アポクリン腺からは、脂質や脂肪酸、たんぱく質、糖質など、
さまざまな成分が分泌されます。
その中に、リポフスチンという色素がはいっており、
この成分が多く分泌されることによって、黄ばみの原因となります。

 

また、汗腺機能が悪くなっていて、ミネラルが多く出ると、
鉄分も同時に分泌され、これもまた、汗染みが濃くなってしまう原因となり、
色も濃くなります。
その他、デオドラント剤が肌にあっていなくて、
黄ばみの原因となることもあります。

 

そして、これらの原因を取り除くのは、難しい面もあるので、
もし黄ばみが衣服についてしまった場合は、シミ抜きをすることをお勧めします。
シミ抜きの方法は、はじめに、液体酸素系漂白剤と重曹を2対1の割合で混ぜ合わせ、
シミ抜きをしたい箇所に塗ります。
そして、やかんの湯気を5秒程度当てます。
そうすると、染み抜き剤を塗った場所が泡立ってくるので、ぬるま湯ですすぎ、
いつもどおりに洗濯します。

 

ただし、この方法は、ドライクリーニング表示のものにはできないので、
注意が必要です。
また、色ものの場合は、色落ちしないとも限らないので、
一度目立たないところで試してから、行うことをお勧めします。


 

 

体質改善で汗のかかない体質を目指そう!