新発見! 体の中から体質改善し、臭いの元を絶つ ⇒ 『最後の門番』

緊張による脇汗

緊張した時や不安な時など、精神的な問題で汗をかくことを、
精神性発汗といいます。

 

人には自律神経が備わっており、これには、交感神経と、
副交感神経があります。
交感神経は、活動時に働く神経で、副交感神経は、リラックス時や、
休息しているときに優位に働く神経です。
そして、緊張時や不安になると、交感神経の方が優位に働き、
そうすると、汗腺の働きが活発になり、汗が出やすくなります。

 

これは、交感神経の反応が敏感な人ほど汗をかきやすい状態になりますが、
そうなってしまう原因は、分かっていません。
そして、緊張時に汗をかきやすい人が必ずしも、
緊張しやすいタイプであるともいえません。

 

そこで、対処法としては、交感神経の働きを抑えることが効果的ですが、
残念ながら、自律神経は、自分の意思でコントロールできません。
しかし、呼吸法や自己暗示を行うことで、
交感神経に働きかけることは、可能です。
ですから、緊張時の汗に困っている人は、これらの方法で試してみることを、
お勧めします。

 

また、脇汗パッドなどを使用することで、脇汗をかくことの不安を、
少しでも解消できるなら、緊張する状況が予測される時は、
こういったグッズを取り入れることも良いでしょう。
このように、精神性発汗に関しては、予防法を取り入れ、
精神的に安心できる状況をつくることも、有効です。


 

 

体質改善で汗のかかない体質を目指そう!