新発見! 体の中から体質改善し、臭いの元を絶つ ⇒ 『最後の門番』

購入レビュー!! 滝のような脇汗が改善! 藤本式『脇汗ストッパー』 (藤本裕一)

ワキ汗改善マニュアルで売上1位
「滝のような脇汗が改善! 藤本式『脇汗ストッパー』(藤本裕一)」

 

いま本当に売れていて、脇汗に悩む多くの方が手にしています。
stopper-u.gif

 

実際に自分で読んでみましたので、メリット、デメリットを含めて
その内容をレビューしていきたいと思います!

 

 

マニュアルの中身

 

特徴と効果 薬や手術などで治すのではなく、体質を変えて、自然に多汗症の症状を和らげていく
実践難易度 食事の仕方、お風呂の入り方などいくつかありますが、どれも簡単な内容で実践はしやすいです。
かかる期間 個人差はあると思いますが、実践者の話によると1〜2週間程度、改善の傾向が見られるようです。

 

また、マニュアル第6章に「一時的に汗を止める方法」が掲載されていて、こちらの手法であれば、その場で汗の量を抑えることができると思います(個人差やその場の状況などもありますし、あくまで汗の量を減らせるということで、完全に汗をかかなくする方法ではありません)。

デメリット 薬や手術などと違って、すぐに改善するものではなく、効果が現れるまで早くても1〜2週間は必要です。即効性を求める方には向いていません。(前述したマニュアル第6章に「一時的に汗を止める方法」で、汗の量を減らすことは可能だと思います)

 

 

 

マニュアルの内容

早速、マニュアルのレビューをしていきたいと思いますが、
マニュアルを手にして、まず感じたのは、「すごいキレイなマニュアルだな〜」ということです。

 

見てのとおり、表紙はキレイですし、中のページも、色使い、文字のフォントなど、
読みやすくて、全然安っぽさがありません。
stopper1.png

 

 

そして、マニュアルのボリュームですが、100ページ以上あり、なかなかの厚さがあります。
stopper2.png

 

 

画像などもあり、内容もわかりやすく解説してあるので、あまり悩まず、読み進めることができると思います。
stopper3.png

 

 

実際の改善メニューについてですが、初めにお伝えしたように、
体質改善をして汗をかきにくい体にしていく手法です。
ですので、お金もかかりませんし、体にも安心、安全だと思います。

 

なにより、病院などにもいかず、手軽に始められるところは、
このマニュアルの大きなメリットだと思います。

 

 

マニュアルのデメリット面

ただ、逆にデメリットというか向かない人もいます。

  • 即効性を求める人
  • 飽きっぽい方
  • 「精神性発汗」が原因ではない方

 

1番目については、すでに述べましたが、
徐々に体質改善していくことが目的ですので、向かないと思います。

 

また、数週間は改善メニューをこなしていく必要があるので、
飽きっぽい人も辞めておいた方がいいですね。

 

 

そして、最後の「精神性発汗」については、ちょっと説明が必要ですね。

 

もともと汗には大きく分けて3つの種類があります。

 

温熱性発汗 暑いときや運動したときなど、体温調節のためにかく汗。
味覚性発汗 辛いもの食べたときになどにかく汗。顔周辺にかくことが多い。
精神性発汗 緊張、興奮など、精神的な変化によってかく汗。手や足、脇にかくことが多い。

 

 

見ていただくとわかりますが、「温熱性発汗」「味覚性発汗」は、
生命維持や人間が生きていく上ではごく普通に出る汗で、かいて当たり前の汗です。
(むしろ汗をかかない方が問題だったりします)

 

そのため、このマニュアルでも、対象にしているのは、
最後の「精神性発汗」になっています。

 

緊張したとき、興奮したとき、プレッシャーを感じるときほど、汗が出やすい人や
手足や脇などに特に汗をかく人にはぴったり内容だと思います。

 

ただ、「温熱性発汗」「味覚性発汗」の汗でも、
必要以上に気になりだすと、ストレスがたまって、
「精神性発汗」となり、よけいに汗が出やすくなります。

 

実際に私がそうでした。
友達と食事をするときなど、必要以上に汗をかいてしまうので、
「出ないよう、出ないよう」に意識しているのですが、
逆にプレッシャーで、「温熱性発汗」だけでなく、
「精神性発汗」も出てしまい、いつも大量の汗をかいていました。

 

汗のことをいつも意識しすぎてしまうという人は、
「精神性発汗」による汗が多いと思われます。

 

 

マニュアルの感想

売上No.1のマニュアルだけあって、
現状では間違いなく、脇汗対策で最高の教材です。

 

いままで脇汗などの多汗症については、
脇汗パッドや制汗スプレーなど、対処療法の商品が中心でしたが、
体質改善をして、汗かき体質を治していくのは、とてもすばらしいと思いました。

 

健康的ですし、何より脇汗パッドや制汗スプレーなどはなくなったら、
また新しく買わないとダメですし、ランニングコストもバカになりません。

 

長い目でみたら、圧倒的にお得ですし、
直ってしまえば、脇汗パッドや制汗スプレーなどのように使う手間もかからないので、
本気で悩まれている方には最高の商品だと思いますね。

 

 

あなたも早く、脇汗を治して、
人目を気にせず、平気で友達と遊んだり、
電車で躊躇することなく、吊り革に掴んだりできる生活を手に入れてください。

 

 

k-button.gif