新発見! 体の中から体質改善し、臭いの元を絶つ ⇒ 『最後の門番』

美容外科で改善

脇汗で悩んでいる人は、美容外科で、多汗症や、
脇汗の治療を行う方法もあります。
美容外科では、主にレーザー治療や、ボトックス注射、
塗り薬などを使用した治療が行われています。

 

レーザー治療は、多汗症やワキガの原因となっているアポクリン汗腺や、
エクリン汗腺にレーザーを当てることで、汗腺を焼きます。
この時、レーザーファイバーの先端を、毛根部に挿入しますが、
メスは使用しないので、傷跡が残る心配もなく、
手術に比べ、安心して受けられます。
また、施術時間も20分程度と短く、即効性があるので、
すばやく改善できます。
そして、同時に、脱毛効果も得られます。

 

また、ボトックスは、エクリン汗腺の働きを抑制することで、
汗の分泌を抑えます。
ボトックスに関しては、詳しくはボトックス注射のところで、
ご確認ください。

 

そして、最も手軽な方法としては、塗り薬を使用する方法です。
クリームには、アルジリンやメトロニダゾールなどを含む、
脇汗やワキガ専用のものがあり、それらの成分によって、汗を抑えたり、
気になる臭いを解消したりします。

 

美容外科は、病院によって、料金も異なるため、
治療費も気になるところですが、料金が安いだけで病院を選ぶのは、
非常に危険です。
治療を行う担当医師の技術や、信頼できる医院であるかも、
慎重に調べる必要があります。
そして、事前に安心できる医院を選ぶことで、治療に対するリスクの多くを、
軽減することが可能になります。


 

 

体質改善で汗のかかない体質を目指そう!

 

 

 

美容外科で改善関連ページ

皮膚科
ボトックス注射